blogスタッフブログ

2021.3.27進行中プロジェクト(現場レポート)由布市挟間町編

みなさんこんにちは ^_^

 

前回の現場リポートはいかがだったでしょうか?

 

前回の敷地面積39坪という、ある意味ソラマドの強みである設計力が試されるコンパクトな敷地条件な現場でしたが、今回は打って変わってドカっと開けた立地の由布市挟間町。

片流れの平家で設計しました。

 

 

そういえば、前回の敷地も僕たちが見つけて来たんですが、今回の敷地も同様に僕らからの提案で探してきた土地なんです。

 

土地探しを長くやってると、なんか「合う・合わない」が見えてくるというか、、。

一緒に土地探しをしてるお客さんたちのイメージを増幅して、そこに落とし込んで『あ〜、、なんか違うな、、』とか『あ〜、、、ココ上手に住んでくれそうだなぁ〜、、』とか。

そんな感じで『縁』を探ってます。

なんかスピリチュアルな感じで気持ち悪いので、この話はココまで。

 

 

さて、現場リポートです。

この土地には以前「古家」がありました。

そこを解体して建て替えをしました。

けっこう大きな家だったので、その存在感が強すぎて建て替え後のイメージが沸きにくい感じだったと思いますが、オーナーさんは僕らを信じてココに決めてくれました。

 

 

現在の現場の状況は、内部の吹き付け断熱(アクアフォーム)の施工が完了したところです。

断熱材の種類や施工方法はイロイロありますが、最近はこの発砲ウレタンのアクアフォームで断熱施工するケースが多いかな。

気密性や断熱性能も良いので、オススメはしています。

 

 

天井や浴室の床下もミッチリ断熱します。

 

 

ココの設計での僕的なポイントは「北の景色」ですね。

ココは北側の景色が抜けてて綺麗なんです。

意外かもしれませんが「北の景色」って綺麗なんです。

なぜか?は、、、モデル見学の際にでもお会いしたらお話しましょう。

 

 

みんなが集まるソラマドキッチンから中庭的なウッドデッキとリビングの先に広がる北の景色。

北の景色側には軒下の縁側ウッドデッキも。

景色を眺めながらのBBQも楽しめます!

 

 

土地選びには、利便性重視の価値観もありますし、環境(自然に近い)重視の価値観もあります。

つまり、それぞれ住まい手の価値観によって家族の最大公約数は変わっていくもの。

正解は、、、無し!

あなたの感性が正解なんだと思います。

その感性をカタチにするお手伝い、、、できるかもです。

 

(仮設トイレさん、、w)

 

誰も勝手に始めてはくれない家づくり。

最初の一歩はご自身で。

二歩目からお手伝いいたします。

では、最初の一歩なモデルハウスでお待ちしてます。

ご予約はお気軽に ^_^

 

モデルハウス見学予約はコチラから。

 

contactお問合せ