buildingソラマドの家づくり

2014.10.9建てたいけど土地がない

 

みなさんこんにちは。

ソラマド大分スタッフの造士です。

気持ちよい秋晴れの毎日ですが、週末は台風19号が近づいてきそうな感じですね。

台風支度が必要な週末のようです。

 

台風の目

 

さて、今日は「建てたいけど土地が無い」について少し書いてみたいと思います。

「それって自分のこと?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

僕たちのところへ家づくりのご相談に来られる方の、約6〜7割ぐらいはそういった状況の方です。

かつて僕も家づくりを考え始めた頃は同じ状況でしたので、土地のことはいろいろと考えていました。

僕は仕事柄いろんな不動産情報に触れることが多く、「ソラマド」のような型にハマらない家づくりをやってるので、あえて普通の人が目を付けないような物件を中心に探しました。

そして自分でいろんな土地を見に行って、最終的に決めたのは当時住んでた家のすぐ近くにあった30坪の「極端な変形地」でした。

 

ソラマド 住宅用地

 

ソラマドの家づくりのご相談に来られた方で、子供さんの校区や家づくりのご予算のイメージに合った相場のエリアの物件、通勤や利便性を重視したエリアの物件、眺望や周辺環境を重視した物件などをいろいろとご紹介するのですが、単純に「土地だけ」見ても暮らしのイメージはなかなか湧かないですね。

でも、そこに「プラン」を重ねると一気に暮らしのイメージが湧いて「ココなら家づくりいけるかな!?」という雰囲気になります。

 

plan presents_1

 

僕自身の経験談ですが、当時自分で見つけた30坪の小さな変形地はまだモチロン「自分の土地」ではありませんでした。

「その土地」が気になり始めてから心の中で「やっぱり変形地すぎるかな?」とか「小さすぎるかな?」とか、いろいろ半年ぐらい悩んでました。

何となく決められなくて、もっと郊外の広い土地を見に行ったり中古マンションをリノベすることも考えたりしました。

でも「先に売れてしまったらどうしよう、、」とかも常に考えていましたね。

そしてまだ「自分の土地」では無い段階でアトリエSORAの「プラン提案」を受けました。

それまでは、いろんなプラン提案の場に立ち会ってきた僕でしたが、僕自身がプランの提案を受けるのはモチロン初めてでした。

そして、衝撃でした。

そこからはその「プラン」のソラマドに住みたくて仕方がなかったですね。

そして、土地がどうのこうのっていう感覚が消えてしまいました。

一気に暮らしのイメージが湧いて、一気にいろんな意味で「頑張ろう!」と思いました。

 

ソラマド

 

「建てたいけど土地が無い、、、。」

ほとんどの皆さんはそうです。

僕たちも物件を紹介したり、いっしょに選んだりもします。

でも、その方にとってのすべての条件を満たす土地に出会う確立って、ほとんどゼロに近いと感じることが多いです。

土地探しの「旅」に出発したまま、目的地にたどりつけずにどんどんと時間が過ぎていく焦りを感じてる方たちにも多く出会いました。

 

土地探し

 

こだわって、考えて、探して、費やした時間の分だけの成果(満足)が「その土地」から感じられないと「決められない」。

そういう意味においても、土地を選ぶ時に自分(と家族)にとっていちばん大切にしたいポイントと優先順位をよく理解している人が、結果として満足いく土地を選べる人だと思います。

そして、やはり自分自身が本気で土地選び(探しではありません)に取組まないと、そのポイントと優先順位を整理出来ないと思います。

僕たちのようなふつうの人で、土地を買うために家を建てる人はいません。

家を建てるために、土地を取得する方がほとんどだと思います。

僕は今思えば、半年も迷ってる時間がもったいなかったです。

こんな仕事をしながらも、家づくりをゴールのように考えてた自分がいたのです。

でも、本当はスタートでした。

危うく大学受験で燃え尽きた学生みたいな人生を送るところでした。

どう暮らすか?に本当の価値を感じる今日この頃。

 

ソラマド 雑貨

contactお問合せ